センスが問われる!ホームページのデザイン

センスのあるホームページを作ろう

ホームページも人と同じで、第一印象がとても大切です。ホームページの最初のページをみれば、それを作った人のセンスが分かります。自分で作るにしても第三者に作ってもらうにしても、最終的にどのデザインにするかは自分で決めるわけですから、センスが露骨に出るわけです。
ホームページは、いわばあなたの顔です。センスのないホームページということは、あなた自身がセンスがないということです。いくら中身が良くても、知ってもらえなければ意味がありません。最初のページから先を読んでもらえるかどうかは、デザインにかかっているといっても過言ではありません。以下では、どうすればセンスのいいホームページが作れるのかみていきたいと思います。

センスのいいホームページの作り方

それでは、センスのいいホームページとは、どういうホームページのことをいうのでしょうか。
まずは、色使いです。これはファッションと同じで、色の組み合わせがセンスの決め手となります。色には相性があるので、いくら目立つ色を並べても、全体としてきれいに見えるとは限りません。目立つ色にはそれを支える目立たない色も必要なわけです。
つぎに、シンプル性です。シンプルイコール中身がない、ということではありません。伝えたい情報をいかにシンプルに表現するか、ということです。
最後に、分かりやすいことです。ホームページを見てくれている人に、ストレスを感じさせてはいけません。見たい内容が一目瞭然で、ホームページの構造に予測性を持たせることが重要です。

過去に職場でホームページ作成の実績があります。ホームページ作成にあたっては、デザイン的センスの他、見た人に、一瞬にしてどんな内容を記載したホームページであるかを理解させる表現力が必要だと思います。